安倍首相周辺を攻撃する反日マスコミ

安倍政権を崩壊するためにいろいろなことが仕組まれてきている。野党がなんら問題のない籠池問題を執拗に糾弾し、次には獣医学部問題ーこれも結局のところ問題性はないーである。なんら首相周辺には瑕疵はない。次に稲田大臣の責任問題。これも大臣辞任の理由としては実に卑小なこと。

稲田氏は党内きっての保守派でしかも国防意識が高い。彼女以上に日本の安全保障と未来を真剣に考えている議員はいない。大臣も辞職する必要は全くない。日本国民は反安倍のマスコミに実にうまく誘導され、いつしか安倍憎しの世論と化してしまっている。こうした世論を誤導するマスコミをこそ内患誘致罪で刑事処罰すべきである。マスコミが国民の反日意識を、いびつな声を好き勝手に形成し、日本国を危機に陥れている。

先進国で右翼が台頭?これは悪いこと?

そもそも民族によるボーダーが住居・経済・政治の基本なのであって、その中で文化・伝統・歴史がつくられ、国家としての独自性が形成されていく。ユダヤ人は自分たちの保身を図るためにマルクスに依頼して民族差別廃止・平等主義確立の教条として共産主義思想を作らせた。

その後、暴力革命や人民戦線戦術による共産化の困難から手段を変更する。先行する文化全般を静かに侵奪していく方法で侵奪していく文化マルキストが登場する。ルカーチやグラムシに淵源を持つフランクフルト学派のやり口である。文化マルキストが世論をメディアを通じて誘導・洗脳し、国民の嗜好・思考・志向を左に転換していく。

アメリカでは金融界とメディア界(映画界含む)がユダヤ資本家に握られ、彼らが儲かるように制度が整備されていく。儲けのために戦争やグローバリズムを推進し、他国への過剰な干渉が軋轢を生む。そうしてイスラム勢力との拮抗や自民族の「らしさ」の喪失を危惧する保守派から反感が生まれてくる。そこで右翼・極右と呼ばれる本来の保守派が声を大きくするようになる。これが今変わりつつある先進国の政治状況である。

トランプ大統領について訂正

見落としていました。共和党所属ということユダヤ人とは関係が薄いだろうかと思っていたら、まったく間違っていました。トランプ氏自身は所属教派がプレスビテリアンなのに対して、娘がユダヤ人と結婚し、孫もユダヤ教徒という。ユダヤ人買いにも人脈を持つということである。しかもイスラエルを支持している。この点から先の大戦にかかわる反省は期待できないでしょう。とにかく、トランプ陣営の外交・内政・経済政策に注目です。

祝トランプアメリカ大統領誕生

希み予想していたトランプ氏がアメリカ大統領に選ばれた。保守系の共和党が与党となり、今後アメリカはアメリカらしくなっていくことだろう。グローバリズムをけん引し、世界を経済支配下に置こうとしているユダヤ人資本家。

アメリカといわず世界の金融界を牛耳っているユダヤ人資本家は怒りと落胆を示していることだろう。彼らの商売の邪魔をしたリンカーン大統領やケネディ大統領は暗殺された。

トランプ氏も同様に暗殺されなければいいんだ…。今後、民族主義化の道を進むであろうアメリカは保守派勢力国歌として世界中の元来民族国家である諸国の模範となってほしいものだ。日本は独立国にふさわしい国づくりが着手されるだろう。新憲法制定、軍隊の保持、核爆弾の保持、文化マルキシズムの弱体化、が今後期される。日本も日本らしくなっていくのだ。

たばこ値上げ賛成

煙草についてこんな記事があった。
「自民党の受動喫煙防止議員連盟会長の山東昭子元参院副議長は25日、首相官邸で菅義偉官房長官と会い、2020年の東京五輪・パラリンピックに向けた受動喫煙防止対策として、たばこ税の増税により、たばこ1箱の価格を1000円以上に引き上げるよう申し入れた。」

思うに、
タバコはひと箱2000円でもいい。こんな殺人嗜好品は地球上から消滅するのがいい。仕事でも喫煙者は休憩時間外に喫煙室で休憩している。その分、彼らー後輩含むーが席を立った時にはまじめにデスクで仕事をしている非喫煙者が彼らの分までも電話対応しなければならない。

就業時間中における仕事場を離れて喫煙室での喫煙する者らについては、法的になんらかの制裁を加えるべきである。例えば、健康保険料10%課金とかね。健康保険料は事業者折半なんだが、喫煙課金分は本人自己負担とすべき。また、喫煙室の使用は有料制(500円/回)にし、その料金をボーナス期に非喫煙者に還付する。いいアイデアだと思うんだが。元記事
プロフィール

 軽部勇人

Author: 軽部勇人
A missionary in this Cyber Church

職業:医療関係
過去には10年ほど某教会の牧師をやっていました。他にもアルバイトを含め、さまざまな仕事を経験してきました。

趣味:哲学書・神学書の翻訳味読、歴史書精読(近現代史)・戦国史研究、民俗学研究

特技:ランニング
35年以上やってます。
10代は走力の限界への挑戦。
20,30代以降は身体的・精神的カタルシス効果の獲得。

信条:近現代史に関して、おそらく日本でオンリーワンの認識をもつミッショナリーです。反日活動家の侮日発言や特亜三国の歴史捏造に対してプロテスト(抗議)します。

なお、統一教会、ものみの塔、モルモン教会とは関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR