自民党は反日か―真の問題は?悪いのはだれか?

自民党を攻撃する輩が多いが、少なくとも現在の政党の中では最も保守的な政党である。戦前、戦中、戦後の日米関係を中心に国際社会の動きを勉強しないとなにもわからない。

そのなかで統一教会との関係、米国におけるユダヤ人金満家(金融エリート)の支配する米国政府との関係などなどはそれこそ闇の中だろう。それらに絡んで指摘されるいくつかは正しいが、解釈や結論が間違っていることが多々見られるし、あるいは結論は正しいが、それに至るまでの過程において事実誤認や誤った解釈が見られる。

問題の本幹は共産主義である。共産主義が姿を変えて(変質したり、名称を変えて)日本だけでなく、米国をはじめ、世界を変質(退廃・破壊)させている。それが彼らのいう革命ということなのだが。

共産主義(マルクス主義)、マルクス・レーニン主義、コミンテルン、共産党、グラムシ・ルカーチの流れのフランクフルト学派および文化マルキスト、人民戦線戦術、スターリン主義、毛沢東主義、ニューディール派などなど。

本幹を支える根は大きくはユダヤ人問題、その中枢はユダヤ人金満家である。これに世界は、日本は翻弄されている。ただそれだけのこと。ヒトラーは第三帝国の建国に失敗した。しかし、彼らは第三帝国の建国に成功しつつある。ユダヤ人金満家によってユダヤ教経典にもとづき金融支配を通じて彼らのための地上天国が出現しようとしている。世界は真にその方向に突き進んでいる。

世界を真の意味でよくするため、ユダヤ人金満家の手から地球を救うためには地球人よりも優秀な地球外生命体による洗濯が必要だと思っている。卓越した統治能力、無限かつ経済効率の優れた新エネルギー、核兵器装備以上に強大な軍事力、暗殺集団を有する生命体である。問題はそれほどに根が深く、問題は枝葉を広げ、悪の花がー残念ながら実に香しく美しくー咲き乱れている。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

 軽部勇人

Author: 軽部勇人
A missionary in this Cyber Church

職業:医療関係
過去には10年ほど某教会の牧師をやっていました。他にもアルバイトを含め、さまざまな仕事を経験してきました。

趣味:哲学書・神学書の翻訳味読、歴史書精読(近現代史)・戦国史研究、民俗学研究

特技:ランニング
35年以上やってます。
10代は走力の限界への挑戦。
20,30代以降は身体的・精神的カタルシス効果の獲得。

信条:近現代史に関して、おそらく日本でオンリーワンの認識をもつミッショナリーです。反日活動家の侮日発言や特亜三国の歴史捏造に対してプロテスト(抗議)します。

なお、統一教会、ものみの塔、モルモン教会とは関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR