安倍首相周辺を攻撃する反日マスコミ

安倍政権を崩壊するためにいろいろなことが仕組まれてきている。野党がなんら問題のない籠池問題を執拗に糾弾し、次には獣医学部問題ーこれも結局のところ問題性はないーである。なんら首相周辺には瑕疵はない。次に稲田大臣の責任問題。これも大臣辞任の理由としては実に卑小なこと。

稲田氏は党内きっての保守派でしかも国防意識が高い。彼女以上に日本の安全保障と未来を真剣に考えている議員はいない。大臣も辞職する必要は全くない。日本国民は反安倍のマスコミに実にうまく誘導され、いつしか安倍憎しの世論と化してしまっている。こうした世論を誤導するマスコミをこそ内患誘致罪で刑事処罰すべきである。マスコミが国民の反日意識を、いびつな声を好き勝手に形成し、日本国を危機に陥れている。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

 軽部勇人

Author: 軽部勇人
A missionary in this Cyber Church

職業:医療関係
過去には10年ほど某教会の牧師をやっていました。他にもアルバイトを含め、さまざまな仕事を経験してきました。

趣味:哲学書・神学書の翻訳味読、歴史書精読(近現代史)・戦国史研究、民俗学研究

特技:ランニング
35年以上やってます。
10代は走力の限界への挑戦。
20,30代以降は身体的・精神的カタルシス効果の獲得。

信条:近現代史に関して、おそらく日本でオンリーワンの認識をもつミッショナリーです。反日活動家の侮日発言や特亜三国の歴史捏造に対してプロテスト(抗議)します。

なお、統一教会、ものみの塔、モルモン教会とは関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR