NHK受信料裁判

ホテル東横インにNHK受信料19億円の支払い命令下る!!!

その記事元
(以下引用)
ホテル各室にテレビがあるのに受信料が支払われていないとして、NHKがビジネスホテルチェーン大手「東横イン」とグループ会社に計約19億3千万円の支払いを求めた訴訟の判決が29日、東京地裁であった。中吉徹郎裁判長はNHKの主張を大筋で認め、請求額とほぼ同額の支払いをホテル側に命じる判決を言い渡した。NHKによると、判決で支払いを命じた額としては過去最高という。

 判決は、同グループの235のホテルにある約3万4千部屋について、受信料の支払い義務がある、と指摘。ホテル側は、これまで一定の割合の客室のみ受信料契約することでNHKと合意をしていた、と主張したが、判決は「放送法はNHKによる恣意(しい)的な契約免除を認めておらず、免除の合意が成立していたとは認められない」と判断し、ホテル側と契約が成立する14年までの2年間分の支払いを命じた。

 東横イン側の代理人弁護士は「この判決の結論には到底承服しかねますので、控訴いたします」とコメントした。NHKは「NHKの主張がほぼ認められた判決と受け止めています」とコメントした。

 受信料の支払いをめぐっては、NHKの不祥事が相次いで発覚したことをきっかけに支払い拒否が増加。NHKは受信料の公平な負担を図るとして06年から法的手段に乗り出した。11年からは未契約世帯への訴訟も始めた。最高裁は受信料契約を拒否した男性の訴訟について大法廷で審理することを決めており、放送法が憲法に違反していないか、受信料制度について初判断を示す。(塩入彩)
.
朝日新聞社
(引用終了)

私は思う。
こんな取り立て方をするのだったら、放送受信機(テレビ)を保有している世界中のホテルや施設、一般家庭にまでNHKの包装受信料を請求できることになる。NHKは世界中のテレビを保有する世帯から受信料を徴収するのだろうか。NHKは公共放送である。国営放送ではない。つまり、国民すべてに経営費を徴収する権利はない。そもそも公共施設は利用することによって利用料金を支払うのが通常なのだ。NHkを利用していない人々にとって、NHK受信料を徴収されることは、使ってもいない公共の美術館や博物館から利用料金を取られるのと同じ理屈である。NHKとテレビ受信機製造メーカーはNHKの放送受信を選択制にすることができるように技術開発するべきだ。
スポンサーサイト

あるアメリカ人牧師の勝手な言い分への反論

youtubeでアメリカのバプテスト派の牧師スティーヴン・L・アンダーソンが日本人はキリスト教の神、聖書の神を信じていない。神が不在であるとし、ひきこもりや北野たけし、草食系男子などの時事用語や有名人を挙げて異教国家の悪い例として批判しています。

その動画の紹介文がこれです。
以下引用
Original Title: "The Bad Example of Japan" - On sanderson1611
This sermon exposes the bad example of the nation of Japan. This nation has rejected God, Jesus and the bible and their culture has been destroyed as a result. The majority of men in Japan are unemployed Video game losers that are to afraid to live in the real world! Also a lot of them have completely given up on pursuing romantic relationships with women. This sermon is not judging Japan because of their Culture, it is Judging them because they have forsaken God. In reality any nation is in danger of falling into this trap. Without God a nation will fall into wickedness beyond belief.

Churches site: http://www.faithfulwordbaptist.org/

Churches YouTube: https://www.youtube.com/user/sanderso...

My site: http://www.servischillzone.com
引用終了


次のような反論コメントを残しました。
Religion forms moral and morality. The religion Ethnical standards are very high in Japan. Japanese people is the highest quality through general revelation of God. Japan is full of common grace of God. I've always thought there is something wrong with the American. Those movies they produce for example, some of them are so graphic and violent and overly sexualized it's disgusting to watch that stuff. Matthew 7:18King James Version (KJV); A good tree cannot bring forth evil fruit, neither can a corrupt tree
bring forth good fruit. Great sermon Pastor, you criticized the cultural marxist who destroys traditional spirituality and mentality of American and the marxist who made go to the Pacific War by the red president Franklin Delano Roosevelt. How does this preacher think about Globalism which destroys the economic and political balance in the world? At least, this great sermon Pastor should preach and scold about no Hikikomori but rather active persons who enjoy murder with gun.

https://www.youtube.com/watch?v=X2YoIumJ7v8 下をクリック!
日本を非難するアメリカ人牧師

キリスト教ミッショナリーとしての使命―後段

日本を占領した連合軍は連合軍総司令部(GHQ)をおいた。総司令官ダグラス・マッカーサーは当初日本をキリスト教国家にして日本民族の邪悪さを一掃しようとした。米国本国からは多くの宣教師が日本に伝道に来た。多くの教会や伝道所が作られ、そこを拠点に農村部にまで伝道が行われた。第2次キリスト教ブームというものが起こった。ウォーギルトインフォメーションプログラムの影響のもと、日本人は自らを隣国を侵略した野蛮な未開民族と自覚した。たとえ、キリスト者にならずとも、この自虐的意識、加害者意識は日本人の脳裏に刻まれていった。素直で生真面目な日本人クリスチャンンは自虐性を「悔い改め」というキリスト教用語でもって深め、より熱心に戦争責任を自覚し、支那や韓国に謝意剤することを是とした。かえって日本人の愛国心はないがしろにされ、愛国心を語る者は右翼と誹謗中傷され、軍国主義の復活を望むものとして批判の対象となった。こうして日本のキリスト教界は日本人の自虐史観の形成に一方ならぬ影響を及ぼしたGHQの肝いりの精神的道具となった。

ところが前段で記した通りのことが起こっている。日本は見直されはじめた。というよりもやっと誤解が解けてきたのだ。混乱する世界に正義を重んじる道徳の範として示しうる国柄をもつ国は日本といわれる。日本人はGHQによって退廃的な共産主義的道徳観によって毒される前に有していた古来日本人の世界観、人生観を復活させるとともに、それを世界に示し、率先垂範し、世界に正義と平和と自由と仁(愛、友愛、博愛)を生起させる義務がある。そのためにまずは日本人クリスチャンが悔い改めねばならない。自虐史観を解消し、本来の日本の在り方を学びなおさなければならない。共産主義の嘘を見抜き、それに反論しなければならない。日本人は、支那事変や日米開戦が日本共産化とアジアにおける支那共産党の覇権確立と維持のためにコミンテルンの指導の下にはじめられた戦争であったことをよく認識し、従軍慰安婦や南京大虐殺、731部隊の人体実験などはすべて支那共産党が日本を弱体化させ、アジアからその優位性を解消sるための政治道具にすぎないことを自覚しなければならない。だから、彼らにとっては史実などはどうでもいいのである。政治的実益が得られればいいのである。

そんななか日本人クリスチャンは「隣人について偽証してはならない」(申命記5:20)やイエスのこの言葉「父と母を敬え。貴方の隣人をあなた自身のように愛せよ」を実行しなければならない。戦争時代に生きた祖父母は侵略者ではないのだ。また、支那人や韓国人の嘘に相乗りしてはいけない。日本人クリスチャンは祖父母の年代の隣人について侵略者だとか、強姦魔だとか、虐殺者だなどと偽証してはならない。

共産主義は唯物論的無神論であり神々を否定する。宗教はアヘンなのである。キリスト教神学では人間の心には神がその一般啓示として宗教の種を置き、それが異教徒にあっては神々を希求し、造形する方向に働き、クリスチャンにおいては真の神を礼拝する宗教的宣教的接点として考える。マルクス共産主義はこれを否定するのである。しかも共産主義は別名がユダヤ共産主義なのに、つまりユダヤ教徒を守るイズムなのに無神論なのである。これは何を隠そうキリスト教文化を破壊するれっきとしたメッセージなのである。そしてユダヤ教徒は無神論などはもってのほかというわけである。そこで一人のミッショナリーとして私は私自身が神から授かった知的賜物でもってあらゆる共産主義勢力に対抗していきたい。日本人の復権と名誉の回復、そしてとりわけ具体的敵手としては文化マルキストを論駁していきたいと考えている。これが私のミッショナリーとしての使命である。

キリスト教ミッショナリーとしての使命―前段

キリスト教界にどっぷりつかっていた頃、古来からの日本的伝統精神文化はキリスト教徒にとっては異教的習俗習慣であり、それは非聖書的なものであり、忌むべきものとされていた。日本人のメンタリティは多神教的であり、その更なる淵源にはアニミズム的信仰があるとされ、幼稚なものとされていた。それはまさに聖書の信仰にとっては忌むべきものであり、偶像崇拝であった。確かに聖書的見地からは偶像崇拝に変わらない。日本は明治以降天皇親政を掲げ、国家神道体制の下に下々の宗教組織を整備体系化し、天皇崇拝へと人心を強制的に向かわしめ、富国強兵のスローガンのもと軍国主義をひた走り、その拡張主義により侵略戦争をはじめ、従軍慰安婦問題や南京大虐殺などに象徴されるようにアジア諸国を蹂躙した、というのがキリスト教界からの一般的な日本の歴史眺望である。

この見方はある裁判の歴史観と一致する。その裁判とは極東軍事裁判である。いわゆる東京裁判である。この裁判が占領軍(GHQ)総司令官マッカーサー元帥の肝いりで行われたことは有名である。ところが、後にマッカーサーはこの裁判が誤りだったこと、さらに日本の開戦原因は侵略ではなく、自国の安全保障の為であったとアメリカの公式の場で述懐している。また、多くの国際法学者からも東京裁判が事後法に基づく、ただ裁判という名がついただけの紛い物であり、実質的には戦勝国による敗戦国のリンチ、報復であったという見解を示している。この誤った東京裁判の歴史観(東京裁判史観)に基づいてGHQ民生局に巣食った社会主義者(コミンテルンのスパイ)たちによってWar Guilt Information Progam(略称:WGIP;戦争罪責情報計画)が作られた。これが、NHKの前身である組織を通して「真相箱」というラジオ放送番組において日本国民に宣伝されていった。これによって日本は悪者だ、侵略者だ、殺人鬼だ、強姦魔だというジャパノフォビアが周知浸透化が図られ、日本人は自虐的先祖像、歴史観を持つように誘導され、日本人は世界に対して申し開きのできないことをしでかした極悪人であり、民族的自信を持つことのできない心理状況に追い込まれていった。こうして日本は弱体化されていった。

ところがいま世界は日本に注目している。日本のアニメや芸能、武道、建築物、ファッションが世界中で注目され、世界移住の人々がそうした優れた日本文化の根底にあるものに目を向け始めている。とりわけ、世界が目を見張ったのは東北大震災の時の日本人の行動様式である。新s内直後というのにそこには暴動はなく、あるのは助け合い、秩序正しく動く日本国民の姿であった。この場面を映像でみた諸外国の人々は驚嘆し、なんという道徳心、公徳心の高い国民なんだろうと賞賛した。そして日本に造詣の深い人物は世界の現状を救えるのは日本しかない、日本人の正義感と公正さ、バランス感覚の良さが世界秩序の維持に大変有効であることに気づき始めている。(つづく)

一般恩恵と教会観・教会機能の非カトリック化

オランダの神学者故アブラハム・カイパーの思想の一端を彼の著書Het Calvinisme22頁から紹介します。

カイパーはオランダの政治家、ジャーナリスト、神学者です。彼は反革命党を設立し、1901年から1905年までオランダの首相を務めました。ヘルマン・バーフィンクと共にオランダ改革派教会の創立にかかわった一人です。

要旨は次の通り
これまでのカトリック世界観においては教会が人と世俗を支配下に置いていました。プロテスタントの改革派信仰の精髄であるカルヴィニズムは、その特徴的な展開によって、信仰者とその生活の場としての世俗(生活領域)とを教会の支配から解放し、人と世俗のすべてを神の支配に置きました。そしてそのことにより神中心の世界観と信仰生活と世俗生活が出現しました。


In een aldus geordend volksleven optredend, heeft toen het Calvinisme een volkomen omventeling in de gedachten en voorstellingen teweeggebracht. ook hierbij zich voor Gods aangezicht stellende, heeft het niet alleen in den mensch het afschijnsel van Gods beeld, maar ook in de wereld om ons heen zijn schepping geeerd , en aanstonds het groot beginsel op den voorgrond gesteld, dat een andere de genade tot zaligheid was, en een andere de gemeene gratie, waardoor God het leven der wereld in stand hield, den vloek die op de wereld rustte ontspande, haar bederf stuitte, en alzoo de rijke ontwikkeling van ons leven door liet gaan, om daarin als Schepper zichzelven te verheerlijken.

Zoo trad de Kerk terug, om niets meer noch iets anders dan een vergadering der geloovigen te zijn, en werd het leven der wereld op elk terrein niet van God, maar van de heerschappij der Kerk geemancipeerd, om alleen uit den geloofsernst van Gods kinderen het tegengif te ontvangen tegen het haar inwonend bederf.  

このように秩序だった庶民の生活において役割を果たしたとき、カルヴィニズムは思想と表現において完全な大変革を起こした。ここにおいても神の御顔の前に身を置くとき、それは神の似像の瞬きを人間においてだけでなく、我々の周囲を離れた世俗においてもその栄誉ある創造を有しているのであり、そしてすぐに前景に大原理が据えられた。それは、一方は至福への恩恵であって、他方は一般恩恵であった。それによって神は世俗の生活を維持し、世俗に注がれた呪いを和らげ、その腐敗を阻み、またそのように創造者として自分自身を賛美させるために我々の生活を首尾よく豊かに発展させるのである。

そのように教会は、内住する腐敗に対して神の子たちの真摯な信仰からのみ対抗手段を受けるために信者たちの集会以上のものではなく、何か別のものでもないがゆえに後退し、世俗の生活はそれぞれの分野に応じて神ではなく、むしろ教会の支配から解放された。

ホロコーストはなかったのに

イラン大統領がホロコーストのみを重要視すること、その事実について研究がなされることが阻止されていることに対して反論している動画がある。それを見ての感想。

ユダヤ・キリスト教文化圏ではユダヤ人は神の選民であるがゆえに他のすべての民族=唾棄すべき異教徒たちに勝って優先されなければならないと聖書に書かれてあるのでユダヤ人のみについてホロコ-ストを説くわけだな。そして、経済情勢から、ユダヤ人は金儲けをしたいから、ユダヤ人に世界が貢ぐための金融体制を世界に敷いた。このとき、当然ユダヤ人批判が必ず起こるわけだが、それを封じ込めるのがホロコーストである。

多くのユダヤ人もキリスト教徒も聖書をまともに信じていない。しかし、ユダヤ人は神に選ばれた神の民であるということは信じられている。なぜか?こうした主張を聖書と共にしているのは何か?いわく、共産主義である、マルクス主義である。ユダヤ人中心主義は現代的にはマルクス主義の形をとって唯物的に推し進められ、精神的には聖書を通じて過去から今日に至るまで聖書によって形成されてきた。

この事から言えば、ユダヤ人中心主義である精神面のキリスト教も物質面(政治・経済・社会面)のマルクス主義(共産主義)も実は異形のユダヤ教である。

放射能ゆえに虐められる福島出身の子供たち

震災後、福島から子供たちが家族ともども各地に移住した。そんななかでその子たちが学校でいじめられ、カツアゲされたりなど、まさに刑事事件の事案さえも出ているようだ。こうした原因は日本人の意識に根付いている原発怖い、放射能怖い、原発反対といった無知にして無批判な扇動の結果としての過てる考え方に原因はある。こうした考え方を日本社会に植え付けたのは左翼である。

日本を弱体化させることに活動のエネルギーを見出す、原発反対を信条とするマルキスト。彼らのあらゆる手段を使っての宣伝工作が日本人の傾向を、世論をリードしている。彼らはその社会的地位(大学教授、評論家)やマスメディアを通じて根拠なき理屈を並べて一般市民の心に「放射能怖い」という、福島原発事故では大した健康被害はありえないのに恐怖を根付かせ、「大丈夫」との科学的常識に基づく意見を葬り去ってしまっている。いってみれば、福島出身の子供たちが学校でいじめられるのを増強しているのはまさに左翼思想活動家なのである。そして彼らが福島県産品の風評被害を拡大・増大・継続させている。また、除染などという不毛かつ無駄な作業を国費でやらせている。

日本にとって、いや世界にとって放射能以上に恐ろしく、実害をもたらすものはマルクス共産sにゅぎであり、左翼思想であり、リベラル左派であり、文化マルキストなのである。このことに日本国民は気づかねばならないし、この気づきを通じて日本社会は穏やかさを取り戻さねばならない。

日本人と宗教ー政治が介入するも根本は変わらず

もともと日本人は極めて信心篤く(自然現象の怖さ<荒魂>とやさしさ<和魂>への畏敬)、共同体としての結束が強く(血縁・地縁)、倫理的に高い民族でした。江戸時代までは今の何十倍も神社・仏閣があり、道には道祖神、田畑には祠がありました。明治期になって伊勢を頂点とする国家神道体制になり多くの神社仏閣が破壊されました。戦後にはGHQは日本古来の伝統を断絶することにより日本人の民族性を改変しようとして神道指令を出し、神道信仰は軍国主義的とか、かび臭いなどと危険視と同時に笑いものにされていく運命をたどります。

さらに、日本人の精神を3S政策(screen:映画、 sex:性の解放 、sports:スポーツ)で堕落・退廃・破壊しようとしました。暦の祝祭日からは皇室や宗教的な名称は一掃され、無機質かつ現代的志向の名称に変わりました(新嘗祭→勤労感謝の日etc)。それでも紺んちいでも地方の田畑には祠があったり、小さなお宮(社)があったりします。ですから、動画中の日本人の宗教心の希薄さは戦後GHQ占領下愚民化政策の産物ですし、それでもなお日本人に宗教心が残っているという着目点は、それはやはり、日本人の伝統的なメンタリティであり、そうした民族的精神性がときに大災害等により命の危機に瀕した際に発露するのではないでしょうか。そうして世界は驚嘆し、日本人自身も自己を、自民族を見つめ・振り返る「とき」があり、今がその「時」なのではないでしょうか。
プロフィール

 軽部勇人

Author: 軽部勇人
A missionary in this Cyber Church

職業:医療関係
過去には10年ほど某教会の牧師をやっていました。他にもアルバイトを含め、さまざまな仕事を経験してきました。

趣味:哲学書・神学書の翻訳味読、歴史書精読(近現代史)・戦国史研究、民俗学研究

特技:ランニング
35年以上やってます。
10代は走力の限界への挑戦。
20,30代以降は身体的・精神的カタルシス効果の獲得。

信条:近現代史に関して、おそらく日本でオンリーワンの認識をもつミッショナリーです。反日活動家の侮日発言や特亜三国の歴史捏造に対してプロテスト(抗議)します。

なお、統一教会、ものみの塔、モルモン教会とは関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR