終戦記念日が近づきつつあるこの時期の反日NHKへの批判

youtubeにupされている動画への自作コメントより。

4:06「大勢の若者を死に追いやった戦争」という表現は英霊に対してその死を侮辱するものだ。戦争は好き好んでやるわけではない。当時の日本もそうだった。大東亜戦争はアメリカをはじめとした連合国に国際政治・経済面で国家存亡の危機に追い込まれて開戦せざるをえなかったのであり、シナとの関係も大陸における日本の国益に干渉し(国民党政府が満州国を自国領土だとうそぶいた)、軍事的挑発を繰り返すシナ兵への自衛的軍事行動に過ぎなかった。

それが大東亜戦争に負けたがゆえに勝者の都合の良い解釈を押し付けられてしまった。この戦争の発端は日本の「侵略」(韓国の保護国化や満州国への建国協力を侵略行為とレッテルをはられた)に原因があり、アメリカはそれを正義の立場から征伐し、日本国民を「軍部」の暴走から救ったという偽のシナリオ(ミュンヘン裁判におけるドイツ人にとってのナチスの位置づけと同じ)が作られ、戦後日本人はそれを信じ込まされ、国際秩序も戦勝国の思惑通りに構築されていった(戦後国際秩序は国際連合を組織体とし、戦勝国の論理で動いていった)。先の戦争はあくまでシナやアメリカに対する自衛の戦争であったこと、英霊は勇敢に敵国のシナやアメリカの侵略に対してその身を挺して戦ってくださったのである。あの戦争は軍人に無意味な犠牲を強いたものではなかった。

日本兵はアジア諸国や日本国民に多大な迷惑をかけたわけでもなかった。あの戦争は意味があったのであるし、軍人の死も国民の死もすべて意味があるものであった。シナを除き、アジア諸国は連合国の植民地支配から日本の武力をもって独立を勝ち取るその勇気と道筋を戦後に得た。韓国人は戦時中には日本兵として実に不十分ではあったが懸命に闘った。そして戦後はその恩義に報いることもせず、裏切った。シナは戦前から日本を挑発し続け、シナ共産党支配体制後も日本を侵略の対象とし、共産主義者らしく情報戦で日本の偽の非を訴え続けている。韓国もそれに同乗している。フィリピンで語り継がれる特攻
スポンサーサイト

舛添都知事の非常識発言

東京都知事の分をわきまえない発言
以下のような記事を見つけました。
 新国立競技場の建設計画の白紙撤回をめぐり、東京都の舛添要一知事は23日、都内の講演で「担当局で不祥事があったら局長は辞任し、更迭されるのは当たり前。信賞必罰をできない長は自ら辞任するべきだ」と述べ、事業を所管する下村博文・文部科学相に担当局長の更迭を求めた。さらに「(文科相を)任命したのは内閣総理大臣。(文科相が局長を更迭しない場合は)任命責任までいく。大人の常識が通らない世界が文科省だ」と語った。(朝日新聞デジタル)

文科省担当局長更迭をカードにした文科大臣への攻撃ですね。
自民政権へのこの揺さぶり、阿部政権へのこの挑発行為ってなんなのでしょう。
舛添さんは左翼なんでしょうか?
自我の肥大した人間のみが為せる業とでも言いえましょうか。

困ったものですね。
いつもの正義感の発動ですか。
あれだけ東京オリンピックには反対していたのに、いまやオリンピックの実現の鬼と化している。
立場が変わったからだというのではなく、この人はもともと本当に「えぇかっこし」なんですね。
自分の人気に役立つ者であれば、なんにでも刃を向け、吠えまくる。以前の東京オリンピック批判もそうでした。
時世を見て、自身に有利だと判断すれば、何をしでかすかわからない人物。その鋭敏な頭脳でもって相手をこきおろし、自信を正当化する能力には長けている。親戚も手を焼いているとか。
人を見下した態度を好むこの人柄。
東京都の代表、顔としておくのはいただけません。
反日韓国の平昌オリンピックには満面の笑顔をもって全面協力すると言っておきながら、
自国の国家レベルのイベントには自分の言いなりにならない時には激しく刃を向ける。
このときも自治体首長レベルの人間が外交をやっとるんだ!とずいぶん非難されましたね。
困った人です。早く都知事をやめてもらわねばなりません。

世界遺産登録をめぐる日本と韓国のバトル


ユネスコ大使佐藤地は無能。世界遺産登録を完遂させねばならぬという日本側の意思と、韓国側の遺産登録阻止のはざまで佐藤地はどちらにもいい顔を示してしまい、結局韓国側の術中にはまりこんでしまった。




また、韓国外務大臣が歩み寄りを示すような発言をしていたのもこれは国際交渉の席における交渉テクニックの一つ。日本側がロビー活動を盛んに繰り広げ、韓国のウソが暴露されつつあった中で韓国側は日本側のロビー活動を休止させるために「偽の保証」をし、安心感を与え、そして実質的にロビー活動をとん挫させてしまった。日本人側は韓国の風向きの変化に戸惑いつつも、韓国人の良心に感謝し、半ば信用してしまった、そのお人よしが災いしてしまったといえる。




そして、実質的に韓国側の主張を全面的に受け入れた非歴史的記述が佐藤地のせいで盛り込まれることとなった。このたびの軍艦島をはじめとした世界遺産は今後韓国の謝罪・賠償金請求のための外交カードとなってしまった。



そもそも国際外交で誠意をもって対応すれば相手は必ずわかってくれるというような性善説的な前提では謀略がそこかしこに隠されている現場において国益を損なうばかりである。日本の政治中枢にかかわるエリートに国際交渉の現場での蛇のように狡猾に立ち回りするテクニックを学ばせるべきである。
プロフィール

 軽部勇人

Author: 軽部勇人
A missionary in this Cyber Church

職業:医療関係
過去には10年ほど某教会の牧師をやっていました。他にもアルバイトを含め、さまざまな仕事を経験してきました。

趣味:哲学書・神学書の翻訳味読、歴史書精読(近現代史)・戦国史研究、民俗学研究

特技:ランニング
35年以上やってます。
10代は走力の限界への挑戦。
20,30代以降は身体的・精神的カタルシス効果の獲得。

信条:近現代史に関して、おそらく日本でオンリーワンの認識をもつミッショナリーです。反日活動家の侮日発言や特亜三国の歴史捏造に対してプロテスト(抗議)します。

なお、統一教会、ものみの塔、モルモン教会とは関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR