精神科療法について

精神科療法についておもうところを記します。
精神科療法にリハビリ部門として精神科リハビリというものがあります。
こころの病を患ってから社会生活をしにくい状態になってしまった、
そんな人に社会復帰へと向けてトレーニングをしていくものです。
以下に通院している患者を取り巻く治療環境についてその一端を記します。

 集団精神療法(group psychotherapy)」というものがあります。
これは、本人—主治医という個人的な精神療法に対し、集団に対して行われるもので、患者同志の相互作用と、患者と治療者との相互作用の両方がグループを構成する各メンバーの不適応行動の変化に効果があるとされています。しかし、実際のところ、その効果は芳しくありません。

 例えば、上手に人と関わる事が苦手だ、という何人かのグループで、何度も色々な事を話し合う事をくり返して、きちんと他の人の話を聞いて理解する事ができるようになったり、自分の気持ちや考えを表現する事ができるようになり、自分自身の理解や他の人との関わり方を見直す事が出来るようになってくる、という具合です。 このようなことが生起すれば、よいのですがほとんどの場合進歩はありません。対人関係の問題をクリアしていく上でとても大切な事になります。集団精神療法では、対人関係の問題に限らず様々な問題や悩みが取り上げられます。

問題点は、同席するスタッフの資質の問題です。医師、心理療法士、作業療法士、精神保健福祉士、看護師などが同席するわけですが、患者もスタッフもみな一様に表情が硬く、自由な雰囲気、リラックスしたムードの中で自由にテーマに沿って意見を述べることができていません。話す側の患者たちも語り合うという文化に育っていないためにどこか終始ぎこちないのです。ましてや幻聴に邪魔されて等で病状のために考えがまとまらない患者側は話せません。

社会生活技能訓練SST(Social Skills Training)というものもあります。精神に障がいを持つ人たちが社会の中で受ける生活上のしずらさ等に対応していく力をつけ、生活を維持していく為のリハビリテーションの一つとされています。ひとり一人の持つ困っている事についてメンバーが意見を出し合い、一緒に解決方法を考えて練習し、新しい技能を獲得していく事を目的としています。これもグダグダになりがちです。

まあまあ役に立っているだろうなと思うのは、本人や家族が病気について学習したり体験を話し合ったりする事です。病気に関する知識や情報を取り入れ、病気の再発を防ぐ為の対処技能を身につけたり、体験の共有によって病気による孤立感を減らしたりする事ができ、より自分らしい生活に向かって行く事を目的としています。

思うに、集団精神療法や社会生活技能訓練はいわば保険点数のためにやっているようなものです。よく見受けられのが本来、個別に対応すべきことを集団で行ってしまっているのではないかという問題です。スタッフ側の時間と労力の節約のためでしょうか。集団的にやっているために不十分にならざるを得なくなっている感じが強いです。また、個人精神療法としての医師による診察はほとんど話を聞かない医師が多いですし―精神症状や薬の副作用の有無の確認をして薬を加減するだけ―、心理療法士は型にはまった心理テスト(尤もテストそのものは型が必要ですが。。。)やカウンセリングをやっているにすぎません。

結局のところ、集団精神療法や社会生活技能訓練、院内での心理療法などは保険点数のための科学的根拠を確保するための理論武装にすぎません。いわば、机上の論理で大した効果はありません。まあ、こうした具合で国民は税金から無駄な医療費を社会医療費として支払わされているのです。

病院は保険点数の確保を本義とすることから離れ、治療効果を最大限に意識した自由な創意工夫を凝らした診療をしてほしいものです。金にならないことはやらない、金のかかることはやらないという体質から脱却してほしいものです。
スポンサーサイト

日本は多民族国家?

 日本は多民族国家であるという問題は1980年代に当時の中曽根首相の「日本は単一民族国家だから、アメリカとは異なる云々」といった発言に始まるものです。つまり、彼の発言は誤っている、日本も多民族国家であるといったものでした。

 日本はアメリカと同様の意味における多民族国家ではなく、北方と南方から日本列島にやってきた人々、いわゆる縄文人が日本人の祖先と考えられ、他地域においては考えられないほど古くから日本列島に存在し、混血がすすみ、単一民族国家と言われてもいいほど同質化しています。

 長浜浩明氏の『韓国人は何処から来たか』によると、北方と南方からわたってきた縄文人はさらにそれまでほぼ無人の地であった朝鮮半島に進出します。そこで大きな集落を形成し、繁栄します。ところが、後世に満州人・北方支那人・モンゴル人に侵略されます。政治的には奴隷状態の時代を長く送ります(大まかに言うと1910年まで)。

他(多)民族に襲撃されると、民衆はひどい目にあいます。基本的に男は虐殺か奴隷にされ、子孫を残すことは当然できません。他方、女は強姦され、侵略者つまり支配者の子をもうけます。こうして、縄文人の血は薄められ、顔かたちの似た満州人・北方支那人・モンゴル人の凹凸の少ない均質な顔立ちが現代の韓国人や北朝鮮人の特徴となっているのではないでしょうか。

こうした朝鮮半島の悲惨・凄惨・落胆の歴史を振り返ると、北朝鮮において拉致(人さらい)、恐喝、偽金づくり、覚せい剤生産、自国民の虐殺があることや、韓国において強姦・売春が多いこと、事大主義といった、虚偽・捏造があることはすべて幾度も侵略された半島人がその歴史から学び得た処世術なのかもしれません。

 韓国には建国神話として檀君神話(『三国遺事』所収1280年頃成立)というものがあります。この神話の存在を知っている人も多いことでしょう。そのあらすじはこういうものです。天帝である桓因の非嫡出子である桓雄は地上に降りたがっていました。同時に人間になりたがっていたクマ(同様の嗜好をもつトラもいた)がいました。

クマは女(クマ女:妖怪?化け物に変わりないw)になりました。桓雄は人間に化けてクマ女と交雑(獣姦)しました。そこで生まれたのが檀君であり、これが朝鮮を開きました。半島人を揶揄する表現に朝鮮ヒトモドキというものがありますが、韓国建国神話に鑑みれば、あながち根拠のないものではなかったんですね。

王の先祖を神的存在に求めるのは神秘主義的権威化として理解できますが、獣姦ですか?こうした異種交雑の発想は想像するにおそらく異民族支配による名残、民族の記憶に永続的に留まっている残渣、民族的トラウマの象徴的描出ではないかと思います。

 同書によると、アイヌは縄文人の子孫であり、日本の先住民であるという説には疑問があるそうです。その理由は、もし日本人の先祖である縄文人がアイヌの先祖でもあるというのなら、言語学的にアイヌ語と日本語とには類似性がなければなりません。

しかし、両者にはその関係性がありません。しかも、日本語はツングース諸語とオーストロネシア諸語との混合語なのですが、アイヌ語はツングース語とはまったく系統が異なる言語であることが判明しています。

アイヌ人は元来アムール川河口や樺太に住んでいたのであり、13世紀にモンゴル人の被征服民を頻繁に攻撃・略奪していたところ、逆にモンゴル人の怒りを買い、その地を追い出され、日本へとのがれてきたというのが真実のところのようです。

 彼らは当時トリカブトをしこんだ毒矢を使用し、日本人の祖先の縄文人に恐れられたそうです。ちなみに、東北の三内丸山遺跡はアイヌ人のものではなく、縄文人のものです。今日、アイヌ人は平和主義者で近世以降に日本人に征服されたかわいそうな民族であるとの知識が流布しています。しかし実際のところは非常に好戦的でした。いうなれば、いじめっ子だったのかもしれません。

ちなみに、アイヌでは熊が神格化されて信仰されていますが、このことは韓国人もその民族起源に熊との獣姦エピソードがあることと共通しており、地誌的になんとなく納得がいくような気がします。
プロフィール

 軽部勇人

Author: 軽部勇人
A missionary in this Cyber Church

職業:医療関係
過去には10年ほど某教会の牧師をやっていました。他にもアルバイトを含め、さまざまな仕事を経験してきました。

趣味:哲学書・神学書の翻訳味読、歴史書精読(近現代史)・戦国史研究、民俗学研究

特技:ランニング
35年以上やってます。
10代は走力の限界への挑戦。
20,30代以降は身体的・精神的カタルシス効果の獲得。

信条:近現代史に関して、おそらく日本でオンリーワンの認識をもつミッショナリーです。反日活動家の侮日発言や特亜三国の歴史捏造に対してプロテスト(抗議)します。

なお、統一教会、ものみの塔、モルモン教会とは関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR