神認識の前提条件とは

by Walther D. Loewenich, 

Luthers Theologia crucis
『ルターの十字架の神学』

Der Glaube ist Vorbedingung fur die Erkenntnis.

(信仰は認識の前提条件である。)

これは救いに至る特別啓示に関する認識についても、社会文化一般(一般啓示)に関する認識についても共通していえることでしょう。

とりわけ後者について言えば、キリスト教的社会文化形成のためにはキリスト教信仰が前提条件となるということです。神に喜ばれる社会文化、神の御言葉による支配の行き届いた世界の現出のためキリスト信仰が必要ということです。それはなによりも人の心に聖霊の働きかけが必要ということです。つまり、聖霊は救霊のためにも社会文化の形成のためにも必要ということです。さらに言えば、聖霊が特別啓示についても一般啓示についても人間に対して働き掛けてこそ神の十全なる支配が現出するということです。
スポンサーサイト
プロフィール

 軽部勇人

Author: 軽部勇人
A missionary in this Cyber Church

職業:医療関係
過去には10年ほど某教会の牧師をやっていました。他にもアルバイトを含め、さまざまな仕事を経験してきました。

趣味:哲学書・神学書の翻訳味読、歴史書精読(近現代史)・戦国史研究、民俗学研究

特技:ランニング
35年以上やってます。
10代は走力の限界への挑戦。
20,30代以降は身体的・精神的カタルシス効果の獲得。

信条:近現代史に関して、おそらく日本でオンリーワンの認識をもつミッショナリーです。反日活動家の侮日発言や特亜三国の歴史捏造に対してプロテスト(抗議)します。

なお、統一教会、ものみの塔、モルモン教会とは関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR