マリオンの意図

いま、Jean-Luc Marion(ジャン・リュック・マリオン)のDieu sans l'etre(『存在なき神』)の原書とともにDavid Tracyによる英訳版を読んでいます。

トレイシーによる解説的緒言にマリオンの「存在なき」神の意図するところを明白に描いた文章がありました(FORWORD,p.xi)。

そこにはこう記されています。

「正真正銘の神学というものは、トマス・アクィナスさえをも『存在』という言葉に神理解を制限しているかもしれないところの存在‐神‐論理の地平をもまた放棄する必要がある。」
スポンサーサイト

無神論的進化論に対する神の存在証明/The proof of God's existence against the atheistic theory of evolution

以下は2008年に進化論に関してしたためた小論です。進化論的な生命観が支配的ななかでキリスト者の考え方を示したものです。ご参考にどうぞ。

進化論に関する弁証学的一考察―位格的痕跡としての生物学的構造類似性
An apologetical consideration on the theory of evolution
- Biological parallelism of structure as vestigia personalia-


 生物間において生物学的構造が類似しているのはなぜなのだろうか。この類似性ゆえに動物から人間への進化発展の連続性が主張されている。私はここでその主張に対して一キリスト者として信仰的合理性に基づいた一つの考え方を示したい。
Why is it that biological structure is similar between living things? This parallelism, therefore the continuity of the evolution development from an animal to man are
asserted. I want to show a view from the faith rationality as a Christian to the
opinion here.

その考え方とは、生物間つまり被造物間の生物学的構造類似性は一人の人格的存在によってすべてが創造されたことの証左である、ということである。
The view is that the biological structural parallelism between living things (i.e.
,creatures) is a proof of all having been created by one personal existence.

たとえば人間であれば、同一人の作品にはどこかしら共通した要素があるものである。同一人の作品間には建築物であれ、美術品であれ、理論であれ形象的にあるいは構造的に類似性があるものである。そうしてこの点から逆にある共通性ゆえに諸作品が一人の作者の手になるものであることも推測されうるのである。
If it is a man, the works which were made by an identical person have some constituent
in common. There are parallelism in form or structurally between an identical person’s works―for example, the buildings, the works of art, the theories and so on. And from
this point on the contrary, it is able to be also guessed that some works were produced by the one author for some parallelism.


ところで人間がそうならば、神もそうだ。われわれはこのことに同意しうるだろうか。いやできない!もしそうするなら、われわれの考え方はローマ・カトリック神学のanalogia entisとなってしまう。そこで正確にいうなら、どのように表現しなければならないのだろうか。つまりこういうことだ。神が創造したものに構造的類似性があるように、神の似像に従って創造された人間の製作物にも構造的類似性がある、というべきものであろう。
By the way, if man is so, God too! Can we agree to this? No we cannot. If we do so, our idea will resemble the analogia entis in theology of Roman Catholic. Then, when we say
it correctly, how should we express? That is this, namely as there are structural
parallelism in creatures which God has created, so there are structural parallelism in
works which were made by man which has been created according to the image of God.

生物間における構造的類似性は人格を有する神による創造の証拠であって、これは被造物における神の創造の位格的痕跡(vestigia personalia)なのである。
The structural parallelism between living things (creatures) is the evidence of creation of God who has personality, and this is the personal vestiges (vestigia personalia)
of being created by God in creatures.

キリスト者も学問界も下等生物から高等生物への生物学的発展としての進化論を支持する必要はない。キリスト者の学者は信仰的良心を麻痺させなくてもよいし、また19世紀以来の学問的趨勢を余儀なく受け入れさせられることはない。
The Christian and the learned circles need hardly support the theory of evolution as
the biological development from the low organism to the higher form of life. The
Christian scholars should not paralyze his conscience of faith, and they are not
obliged to accept the academic trend since the 19th century.

進化論はある相違にある価値秩序を与え、構造的類似性に着目して単純系から複雑系へという進化発展の価値論的秩序に時間的変遷を割り当てた作業仮説に過ぎない。単純系から複雑系への移行の説明において、単純系には古さと下等性を、そして複雑系には新しさと高等性をあてがっている。価値に時系列を結合したこの仮説は人間の知識整理のためのものである。それは理論的一貫性をもっておらず、科学的に証明されていない。その意味でそれは科学理論でさえない。
The theory of evolution is only a working hypothesis that gave some value order to some difference and allotted the time changes to the theory of value order of the evolution
development from the simple system to the complexity system paying attention to
structural parallelism. In description of transition from the simple system to the
complexity, the oldness and the lower nature are assigned to the simple system, and the newness and the higher nature are assigned to the complexity system. This hypothesis
which united a time series in the value is only a thing for the arrangement of
knowledge of man. It lacks theoretical consistency and is not scientifically proved. In the sence, it is not only a scientific theory.

自然科学界は進化論に支配あるいは浸食されている感がある。この説の生物種間の構造的類似性への着目については進化論者とともに共有する一方で、時系列と価値論を含む歴史哲学については拒絶する。進化論を受容することなく、他種生物における実験結果を人間の生理学や臨床に応用することは問題ない。
I think that the natural science community is controlled or eroded by the theory of
evolution. While sharing the point of view to a structural parallelism between the
living thing kinds with the evolutionist, we refuse the philosophy of history including the time series and the theory of value. It is satisfactory to apply the experimental
results in other kinds of living things to mankind’s physiology or clinical midecine,
without receiving the theory of evolution.

この応用は人間が下等生物から進化発展を遂げたゆえに可能であるというのは正しくないのである。人間を含む全被造物が人格を有する三位一体の神によって創造され、構造的類似性をとどめているがゆえにこそ、実験結果が応用可能なのである。生物種間にはその組織構造の複雑性・精密性・機能性に関して相違があるにすぎないのである。
It is not correct that this application is possible because man accomplished evolution
development from low organisms. But it is possible just because all the creatures which include man were created by the triune God who has personality, and then they have had
structural parallelism. There are only differences about the complexity, the precision
and the functionality of organizational structure in living thing kinds.

人間が創造の冠として造られたという聖書の記述に鑑みるとき、人間は個々の器官の機能性はともかくとして、その全体的な可能性において究極的存在であることは疑いの余地なきことである。このことは翻って人間を進化の頂点とする進化論と同じ地点に立っているといえる。この点から、進化論は博物学における神なき人間中心主義であり、あるいは無神論的生命史、あるいは聖化論の堕落形態である。
When we consider the description of the Bible that man has been created as the crown of creation, it is hardly doubtable that man in all creatures is ultimate being in his
total possibility, excluding the functionality of each organ. This shows the same point as the theory of evolution which makes man the peak of evolution on the other hand.
From this point, the theory of evolution is humanism without God in natural history,
atheistic history of life or depraved form of sanctification.

単純系から複雑系への時系列的変遷に価値論を含みこませるのは人造的作為である。生物種間の相違の有無は神の意匠によるのである。進化論は根拠の薄弱なファンタジーに過ぎない。もう一度言うが、それは仮説に過ぎない。
It is a manmade artificiality to make into the changes in time series to the complexity system from the simple system include a theory of value. The existence of the
difference between living thing kinds is rather based on the design of God. The theory
of evolution is only an ill-founded fantasy. I say once more it is only a hypothesis.

キリスト者は神賛美を目標におき、創造主に感謝しつつ生命科学の理論的領域においても世界全体を徹頭徹尾被造物として受容しなければならない。
The Christian has to receive all the world as the creatures also in the theoretical
domain of life science from beginning to end being thankful to the Creator and setting
for the purpose of God praise.

そのための理論的根拠として、今日までに及ぶ人間品性を貶めるあらゆる進化論的主張に対して生物間の構造的類似性について創造主の位格的痕跡論(vestigia personalia theory)を主張することは神の栄光を顕現するきわめて有効な見識である。
It is a very effective opinion for the glory of God to assert a theory of personal
vestiges (vestigia personalia) of the Creator about the structural parallelism between
the living things as a theoretical basis against every evolutionistic opinion which
looks down upon human character which reaches by today.
プロフィール

 軽部勇人

Author: 軽部勇人
A missionary in this Cyber Church

職業:医療関係
過去には10年ほど某教会の牧師をやっていました。他にもアルバイトを含め、さまざまな仕事を経験してきました。

趣味:哲学書・神学書の翻訳味読、歴史書精読(近現代史)・戦国史研究、民俗学研究

特技:ランニング
35年以上やってます。
10代は走力の限界への挑戦。
20,30代以降は身体的・精神的カタルシス効果の獲得。

信条:近現代史に関して、おそらく日本でオンリーワンの認識をもつミッショナリーです。反日活動家の侮日発言や特亜三国の歴史捏造に対してプロテスト(抗議)します。

なお、統一教会、ものみの塔、モルモン教会とは関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR