Marxist literary criticism and publishing trend

Marxist literary criticism assigns a self-control on the direction and the character of many books in the future through the criticism (thought attack) and tries to spread the sense of values of Maxist .
スポンサーサイト

啓蒙主義哲学のアイデアにおける真理契機

「認識にとって最も危険なのは、誤謬・錯誤・懐疑ではなく、むしろ倒錯・独断・迷妄である」

エルンスト・カッシーラー著 『啓蒙主義の哲学』上巻 261-262頁より要約引用

これは改革派神学の弁証学の接触点(points of contact)の理論と同じ。

鋭くも美しいい思考の産物。

高校歴史の教科書の編集方針が改悪?偉人が消えていく。かわりに共同体、コミュニティを教える?

テレ朝ニュースでこんな話題があった。暗記中心の歴史教育が問題だという。
以下記事から一部引用
>>歴史上の偉人の用語を減らすことに街の人からは賛否両論の声が聞こえてきました。なぜ、今この話が出てきているのでしょうか。
 これは、高校と大学の教員らで作る「高大連携歴史教育研究会」が大学受験に向け、高校の授業が暗記中心になっているのは問題だとして、約半分にする精選案を発表したというのです。研究会によると、高校の主要歴史教科書「世界史」と「日本史」ともに約3400~3800語が載っているといいます。
 実際、高校・大学教員を対象にしたアンケート調査で、高校の歴史教育が「大学入試の影響で用語の暗記中心の授業形態になっている」という質問に肯定的な回答が7割を超えているといいます。そのなかには、どのような案が出されているのでしょうか。それが、戦国時代を生きた武将で「甲斐の虎」と呼ばれた武田信玄。その信玄と川中島の戦いを繰り広げた上杉謙信の名前も。その後、幕末で有名な薩長同盟を成功させた坂本龍馬の名前も。さらに、幕末の教育者、「松下村塾」で知られる吉田松陰なども挙がっているというのです。
 研究会は、実際の歴史上の役割や意味が大きくないなどとして削るとしています。その一方で、「共同体」のような概念の用語や「グローバル化」といった現代的課題につながる語句を加えるといいます。>>(引用ココまで)

要は歴史学が政治学・経済学つまりある一つのイデオロギーに飲み込まれようとしている学の貧困化現象に過ぎない。歴史の教科書に「共同体」「グローバル」といった概念wの新しく盛り込むというのは、これはあたらしい共産主義史観一昔前の術語で言えば唯物史観の新たな展開に過ぎない。一つのイデオロギーが諸学を飲み込み、飲み干し、噛み砕き、学問界にファッショ(独裁)を打ち立てようとしている。文化マルキストの暗躍の結果だ。
歴史教育の変化

LGBTの社会的認知に潜む危険性

LGBTなどとわかりにくい不明な略語で表現して万人受けを狙っているこの概念は、実は共産主義による伝統的性風俗の破壊がその根底にある。ゲイやレズのその性生活の実態を知れば、男同士が男根をしゃぶり、肛門性行に興じたり、女同士が性器をこすりつけあうなど、よくイメージしてほしい。誰しもが嫌悪する内容である。また、出産という人間の再生産過程を放棄した人生設計をひとつの家庭としてもつのだから、持続可能社会に対する反抗、その否定でもある。

LGBTはその存在を否定しようもない事実ではあるが、かといって日の目を見、大声で社会的推奨を受けるに値するものではない。それはあくまで社会悪として存在するものである。それは人間の生と性の陰の部分であり、日の目を見ることなく、闇の中でぐ喚く欲望の業である。LGBTは倫理道徳的権利の概念範疇ではなく、あくまで欲望の概念範疇に属するものである。それは倫理の教科書に載るものではなく、エログロナンセンスの雑誌に載るにとどまるべきものである。過去にエログロナンセンスの雑誌のネタでしかなかったものが、なぜ中学や高校の教科書に堂々と載っているのか。

LGBTは共産主義が推進する日本の伝統的性道徳の破壊とそれを推進する日教組の陰謀である。これは、日教組が主導し、教育の現場で問題となったあの性教育の行き過ぎと同じ問題性を実は宿している現代用語である。

LGBTはジェルジ・ルカーチの亡霊思想

昨今、LGBT啓発の番組や記事が多い。これにはまさにプロテスト(抗議)する。少子高齢社会をなんとか打破しようとするいっぽうでこんな状況では矛盾も甚だしい。LGBTはいまや市民権を得、不道徳ではなくなり、批判の対象ではなく、白眼視の対象ではなくなりつつある。それで本当にいのだろうか。持続可能社会はこれで保障されるのだろうか。

思想史的にはLGBTはジェルジ・ルカーチの亡霊である。ルカーチがこの世に残し、いまや様々な分野で隆盛を極めつつある思想史におけるペスト(黒死病)である。これに罹患すると社会そのものが黒死病を呈するのではなく、いわば赤死病を呈するのである。ルカーチとはハンガリー人マルキシスト。共産主義化を目指すには暴力革命ではなく、むしろ各地の旧来の文化、風習、道徳・倫理、宗教といった伝統精神文化を破壊し、左翼に洗脳するために頭の革命をしたほうが確実であると考えた左翼である。 

自分でLGBTだ告白する彼らの性生活がどんなものであるかを知れば、どの親だって、誰だって嫌悪感を持つだろう。心の性と身体の性とを区別するあたりは心身二元論のデカルト流の古典的類型だが、ところがここで言われている心とは「欲望」であって理性と欲望の対置を考えれば明らかにマルクス主義的・共産主義的・ルカーチ・フランクフルト学派的な思考操作である。
プロフィール

 軽部勇人

Author: 軽部勇人
A missionary in this Cyber Church

職業:医療関係
過去には10年ほど某教会の牧師をやっていました。他にもアルバイトを含め、さまざまな仕事を経験してきました。

趣味:哲学書・神学書の翻訳味読、歴史書精読(近現代史)・戦国史研究、民俗学研究

特技:ランニング
35年以上やってます。
10代は走力の限界への挑戦。
20,30代以降は身体的・精神的カタルシス効果の獲得。

信条:近現代史に関して、おそらく日本でオンリーワンの認識をもつミッショナリーです。反日活動家の侮日発言や特亜三国の歴史捏造に対してプロテスト(抗議)します。

なお、統一教会、ものみの塔、モルモン教会とは関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR