韓国政府の慰安婦合意への難癖―裏合意の暴露?

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。

さて、新年早々特亜三国問題で書きます。

 韓国政府が検証結果で慰安婦を「性奴隷」と呼ばないことなどを約束した非公開合意を公表したことについて、日本側は「非常に遺憾だ」と抗議した。思うに、この性奴隷という表現はまったく事実に基づかないのだから、裏合意も何もそもそもそんな揶揄でもって日本側を脅迫・恐喝しないようにということなのだから何も悪いことはない合意である。むしろ日本政府側のあいかわらずの低姿勢ぶりが問題を複雑にし続けている向きがある。

日本政府は単刀直入にこんなシナ・韓国・日本人左翼が作り出す嘘にいつまでもつきあっておらず、性奴隷も含めてそもそも戦地慰安婦問題がただの戦地売春婦の商売に基づくねつ造問題であり、ゆすり・集りであり、支援関係団体に対してこうした>>人権テロ<<には断じて屈しない旨を世界に向けて公式表明し、継続してこうした歴史戦争に対して単なる外務省の外交上の問題としてだけでなく、防衛省も加わりーむしろ防衛相が主体となるべきーこの歴史戦争=情報戦争に対抗し発信するべきである。

戦争は中傷合戦の情報戦に始まり、またその実戦の大半は情報戦争であり、情報戦に基づいて戦略が立てられ、戦後も情報戦として継続する。この意味で防衛相がこの捏造された歴史問題(南京問題含む)の解消に関与するべきである。

在天の父なる神よ 

天地を創造し、歴史をつかさどる、不実を嫌う真実の神よ

あなたの独り子イエス・キリストも2000年以上前にユダヤ人たちの捏造した罪により虐げられ、十字架に付けられました。

この数十年、歴史を捏造し、ならず者のごとく日本政府に捏造した慰安婦問題を突きつける韓国政府、および華僑を中心とする抗

日団体、さらに

これを焚きつけてきた日本の無神論反日左翼の力を砕いてください。そうして真実を世界に知らしめてください。どうかその力を

日本人および日本政府にお恵みください。さらに彼らを支援し、祈りにおいて加担している日本のキリスト教界の誤解を解消し、

悔い改めへと導いてください。

主イエス・キリストの御名よって祈ります。

アーメン
スポンサーサイト

積極的な反日をしない在日や帰化人について

在日および帰化人らのうち、終戦直後の在日1世は朝鮮進駐軍に所属し、日本人を殺害・強奪・強姦し、終戦直後の疲弊した日本社会全体を恐怖に陥れた。地域によってはいまでも駅前の一等地にパチンコ屋があるが、これは終戦後の混乱期に日本人の地主を追い出したり、脅迫して名義を変更させたり、殺害して日本人に成りすまして土地を奪ったその名残。また、闇市で暴力によってぼろ儲けをし、その蓄財で土地を購入した。在日の不動産屋があるのはそれが理由。日本各地で暴動を起こし、日本人を多く殺害した。大阪、神戸、浜松、関東一円での暴動は有名。

徒党を組んで役所に押し掛け、福祉金名目の生活保護費をはじめとした今日の多くの特亜特権を獲得した。それは教育現場、就職にも在日枠を設けさせるという不公正をつくりだした。そうして、体制を批判するのがメディアの使命と勘違いした左派傾向と共にメディア業界には在日や帰化人が優先的に就職し、韓流や韓国優位の情報が垂れ流されるようになった。在日や帰化人による凶悪犯罪や強姦事件は通名報道によるせいで世間一般に日本人による犯罪と誤解され、日本人としての自信が失われつつある。

日本人に差別されないと既得権益を維持できないので差別を創造する。日本人が在日を差別することを社会の総意とするために別の種々の被差別団体と手を結んで日本社会を糾弾し続けている。やくざの6割は在日。総連や民団関連の企業は法人税なしとか。総連からは北朝鮮にミサイル開発の費用が送還されている。在日や帰化人の中に北朝鮮のスパイがいる。これが在日社会の背景。つまり、積極的な反日をしない在日や帰化人も批判の対象である。彼らは日本人の生き血(血税や殺人)を啜り、日本社会を簒奪・蚕食することで生き永らえているのである。

ブラタモリに国防のヒントあり

2017年12月2日の左翼のNHkのブラタモリで織田信長の岐阜城は「平和のための城」であったといっていた。岐阜城の豪壮な威容が戦わずして治めるという平和外交に役立っていたという。この「平和のための城」という観念を現代的に応用するならば、「平和のための核兵器」という観念もありうるだろう。信長が「平和のための城」でもって国を平和に治めようとしていたように、現今の近隣アジアの武力的脅威に対して「平和のための核」は古の知恵に倣って有効な国防政策だろう。

慰安婦問題ー韓国人の不信仰の表れ

慰安婦問題をテーマにした討論番組で間違っていることは韓国側の主張する従軍慰安婦問題ありきで展開している点だ。まずは韓国の言う慰安婦問題は事実としてなかったのであり、事実としてあったのはどの時代のどこの戦争においてもあった戦地売春婦の存在なのである。さて、韓国は3割以上がキリスト教徒といういわゆるキリスト教国家なのだが、キリスト教における赦しは一回きりである。何度も謝罪を求めるということはキリストの贖罪(十字架死)が十分でなかったことを意味する。この宗教的贖罪・謝罪意識はキリスト教文化圏では社会的贖罪・謝罪意識の基盤を作っている。この点でケント・ギルバートは批判している。何度も謝罪を求めるのは間違っていると。この点から言うと、どうやら韓国人が信じるイエス・キリストは不十分な贖罪儀式しか成就することができなかったため何度も謝罪をする必要があるらしい。韓国は日本に謝罪を何度も求めることによって自国の一大宗教であるキリスト教を否定してしまっている。ここに韓国人のキリスト教不信仰が暴露された。

合気道は韓国起源?

剽窃文化国家の韓国。ウリナラ伝説にまた一つ趣向を凝らした武道起源説が加わった。韓国独特の剽窃文学の一形態。日本の合気道とハプキドウ、漢字によるよる表記は同じという。ハプキドを愛好する韓国人の中には日本の合気道に起源をもつと説明すると箔がつくことから、合気道日本起源説を好むものもいるらしい。「合気道(ハプキド)は合気道(アイキドウ)とは違い、蹴りなど打撃術を持つ。山が多い地形のため骨盤が発達して足を使うことを好む韓国の文化が反映された」というが、山が多い地形は韓国ではなく、日本だ。この地理音痴は何なんだ?蹴りを多用するのは行儀が悪いからにすぎないだろう。あるいは支那の憲法の北拳(足技が多い)の影響だろう。日本の合気道には単に技ではなく、深い哲学・思想がある。ハプキドにはそれがあるのか?数か月間、師範について稽古をして、その後すぐに自分の道場を持てるだなんて、日本のあらゆる武道においては考えれらない浅薄さである。
プロフィール

 軽部勇人

Author: 軽部勇人
A missionary in this Cyber Church

職業:医療関係
過去には10年ほど某教会の牧師をやっていました。他にもアルバイトを含め、さまざまな仕事を経験してきました。

趣味:哲学書・神学書の翻訳味読、歴史書精読(近現代史)・戦国史研究、民俗学研究

特技:ランニング
35年以上やってます。
10代は走力の限界への挑戦。
20,30代以降は身体的・精神的カタルシス効果の獲得。

信条:近現代史に関して、おそらく日本でオンリーワンの認識をもつミッショナリーです。反日活動家の侮日発言や特亜三国の歴史捏造に対してプロテスト(抗議)します。

なお、統一教会、ものみの塔、モルモン教会とは関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR