また北朝鮮がミサイル発射

またか。支那事変において支那の共産党軍や国民党軍が日本軍に対して頻回に攻撃をし、また日本人を殺害する軍事的暴力行為に対して結局のところはじめに断固たる武力応撃をしなかったためにずるずると長期戦争化した、その轍を今踏みつつあるのではないか。日本は米韓と共に軍事的脅威に対して徹底的な壊滅策を講じるべきである。
スポンサーサイト

十戒に背く韓国キリスト教界

十戒とは聖書に出てくる神がモーセを通して神の民に与えた10個の戒めのことです。
その十戒の中に「汝、隣人について偽証するなかれ」という戒めがあります。
神学校の学生であったころ、しばしば韓国のキリスト教会と交流がありました。

日本のキリスト教会は韓国のキリスト教会に対して第2次世界大戦では侵略によって韓国を植民地化し、多大な犠牲をはらわせた、申し訳ないという意味での戦責告白を公式に行い、キリストにある兄弟姉妹の交わりと福音伝道において共同戦線を張っています。戦時中に日本軍はこんなひどいことをしたという例として、水原堤岩里事件があります。韓国の水原という地域で信徒40人余りを教会に集め、建物にガソリンをかけ火を放ち、逃げ出してくる信徒を銃殺したというのです。日本軍の残虐さを示す逸話としてよく知られているものです。

自分の祖父も戦地に赴きましたから、東京裁判史観=自虐史観から脱却し、真実を知るまではひどいことをした、こんだ、本当に中国や韓国の人々には我々の父祖が大変なことをしたもんだと深く反省していました。この話は『これだけは知っておきたい日本と韓国・朝鮮の歴史』( 高文研著)によって広まりました。ところが、これが韓国人のウソだったのです。若狭和朋著『歴史戦争の正体』によると次の通りです(79頁以降)。

水原地域で暴徒が警察署を襲撃し、警官二人を殺害。遺体は陰茎が切断され、耳と鼻が削がれていた。暴徒は小学校に放火し、日本人や親日派韓国人を襲った。10人の憲兵隊(日本軍)が容疑者40人を教会に集め、尋問しようとしたところ、刃物をもって激しく抵抗した。暴徒は警告を無視し、脱走しようとした。憲兵隊は少人数で多数の暴徒を制圧するために発砲し、8人の死者が出た。ガソリンをかけて焼き殺そうとしたというのはうそです。

韓国人はこの高文研が捏造した嘘を真実とし、日本という隣人について偽証しています。こんな十戒に背く行為はいずれ神に罰せられることでしょう。韓国人は神の御前に悔い改めなければなりません。神への罪であると同時に日本国と日本人への侮辱であり、英霊に対する冒涜です。

竹島の所属が韓国表記の古地図がでてきた?・・・中央日報の記事

この記事は韓国人は地図の読み方を知らないことの証左。こんな記事を発信すること自体が中央日報のレベルの低さを世界に表明しているようなもの。

反論は簡単である。まず昔は島の名称が固定しておらず、変遷した。松島はいまの鬱陵島、竹島はその鬱陵島の脇にある小島である。現在、日本が竹島と呼び、韓国が独島と呼んでいる島とはまずもって位置が全く異なる。

尖閣諸島については屋久島も奄美諸島も緑色である。これはシナの色と違う。つまり、当時は尖閣諸島も屋久島も奄美も、今日的に言えば、まだ日本にもシナにも(当時の「国」の概念は現代の国民国家というものとは異なる)所属していなかったということだ。

問題の記事はこちら
1802年の地図の<竹島>

中国は共産党体制でなければ…???

   シナは共産党に支配されているから、反日なのではなく、シナという地域はその昔から中華思想を戴き、自国中心・拡張主義の実行のもとで日本は東夷であり、ありていに言うと文明の遅れた野蛮な国家であり、属国の一つに過ぎない。

シナ人は伝統的な人種差別思想である中華思想に基づいて中国共産党という組織装置を通して伝来の自国中心・拡張主義政策を東シナ海や南シナ海、アフリカ、東南アジア、チベット・ウイグル自治区において実行しているに過ぎない。この傾向はたとえ中国共産党が壊滅しようとも新たなるシナ人統治体によって同様のことがくりかえる。

時折コメントに見られるが、「中国共産党がなければ・・・」という切り口からシナを擁護し、買いかぶるのは賢明な事ではない。

こんないい記事がありました

中国や韓国は再々日本に対して大東亜戦争にかかわる謝罪を求めてきています。
彼らはしばしば日本との比較においてドイツをしきりに持ち出して賞賛します。

これについていい記事がありました。

以下引用します。
 中国では「ドイツは戦争についてきちんと謝罪」が“常識”になっている。しかし、中国でよく例となるワルシャワにおけるブラント首相(1970年当時)の謝罪も、ユダヤ人の迫害に対するもので、ポーランド侵攻を含む戦争発動に対するものではない。

 1985年の終戦40周年式典でのフォン・ヴァイツゼッカー大統領の演説では「われわれ全員が過去からの帰結にかかわりあっており、過去に対する責任を負わされている」と述べたが、「反省」や「謝罪」の言葉はなかった。

イタリアは日独と同盟する枢軸国として第二次世界大戦に加わったが、戦局が不利になると指導者のムッソリーニを排除し(最終的に処刑)、連合国側に加わり日本にも宣戦布告した。このため、他の連合国と同格ではないが、敗戦国扱いは受けていない。(編集担当:如月隼人)(イメージ写真提供:(C)Liu Junrong/123RF.COM)
中国や韓国の謝罪要求
プロフィール

 軽部勇人

Author: 軽部勇人
A missionary in this Cyber Church

職業:医療関係
過去には10年ほど某教会の牧師をやっていました。他にもアルバイトを含め、さまざまな仕事を経験してきました。

趣味:哲学書・神学書の翻訳味読、歴史書精読(近現代史)・戦国史研究、民俗学研究

特技:ランニング
35年以上やってます。
10代は走力の限界への挑戦。
20,30代以降は身体的・精神的カタルシス効果の獲得。

信条:近現代史に関して、おそらく日本でオンリーワンの認識をもつミッショナリーです。反日活動家の侮日発言や特亜三国の歴史捏造に対してプロテスト(抗議)します。

なお、統一教会、ものみの塔、モルモン教会とは関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR